ニキビ 治し方

正しいニキビの治し方|即効でキレイに!

あご ニキビ

読了までの目安時間:約 3分

 

  

 

詳しくはこちら!
 ↓   ↓   ↓

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!<<


Pocket

顔だけでもニキビのできる箇所は、人それぞれです。 おでこや鼻のまわり、頬やあごにもニキビはできてしまいます。 思春期ニキビがTゾーンに集中しているのに比べ、大人ニキビはUゾーンに広がっているのが、特徴のひとつでしょう。 あごを含め、フェイスラインに吹き出物が出来やすいのはなぜでしょう? 特に、「あごにできたにきびは治りにくい」というのは、本当でしょうか? 【フェイスラインにニキビができるワケ】 ・男性ホルモンが優勢になっている部分 口の周りやあごは、顔の中でも男性ホルモンが集中している場所なのだそうです。 吹き出物と男性ホルモンの関係は、もうご存知ですよね。 女性でも口に周りの産毛が濃い人は、あごにも吹き出物ができやすいと言われています。 ・スキンケアのミス 洗顔時に、顔の中心のウォッシングは行き届いていても、意外とフェイスラインまでは洗い切れていない場合があります。 また、洗顔料のすすぎ残りを見逃してしまうことも。 化粧水や乳液も、しっかりフェイスラインまで行き渡るように、丁寧にケアしましょう。 ・マスクや衣類などの刺激 特にあごや口周りは、洋服の襟が当たったり、手指が触れやすい部分ですよね。 それが刺激となって、にきびを繰り返させたり、悪化させたりしていることも・・・ また、マスクもにきびにとっては、あまり好ましくない環境です。 【フェイスラインのニキビの治し方】 ・食生活の改善 この言葉は、美容関係では常に「質の良い睡眠」とセットで出てくるので、少々げんなりしていませんか? とはいえ、私たちの身体は、自分が食べたものでできています。 やはり、食べ物はおろそかにはできません。 ・あご周りは汗が残りやすい 夏場など、頭皮からの汗が、フェイスラインを伝って、あごに流れてくること、ありませんか? ハンカチなどで拭っても、あごはどうしても雑菌が繁殖しやすい環境になっています。 意識してフェイスラインを清潔に保つように、気を付けてみましょう。 ・紫外線対策は首やデコルテまで 季節によって、日焼け止めクリームを顔だけにしか使わないという人もいます。 しかし、アスファルトからの照り返しなど、あごやフェイスラインは、紫外線にさらされやすい部分です。 面倒がらずに、四季を通して日焼け止めで、首、デコルテまでを、しっかりガードしましょう。 フェイスラインやあご周りにできるニキビは、乾燥やストレスなど、複合的な原因によることが多いものです。 1つ1つを排除することも大切ですが、今使っているスキンケア商品を見直してみることも手取り早い方法ですよね!

 

タグ :  

あご ニキビ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: