ニキビ 治し方

正しいニキビの治し方|即効でキレイに!

ニキビ跡消す

読了までの目安時間:約 3分

 

  

 

詳しくはこちら!
 ↓   ↓   ↓

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!<<


Pocket

ニキビに悩んでいる人のほとんどが、その後に残るニキビ跡も心配ですよね。 種類があるように、ニキビ跡にもいろいろ種類があります。 それらを消す方法も、またそれぞれ違ってくるようですよ。 ここでは、ニキビ跡にはどんな種類があるのか、その跡はどうすれば消すことができるのかを調べてみました。 【ニキビ跡ができるワケと、その種類】 医学的には年齢に関わらず、皮膚疾患の一つです。 美容面では、深刻度の高い肌トラブルといえます。 そして悪化して残していくのが、非常に厄介なニキビ跡というわけですね。 ただし、すべてが跡を残すわけではありません。 では、どのような物が跡になって残るのでしょう。 そのほとんどは、炎症を起こしてしまった「赤ニキビ」や、更に悪化して膿を持つ「黄ニキビ」だといわれています。 どちらも肌に与えるダメージが大きく、健康な皮膚細胞を巻き込んでトラブルを起こしてしまいます。 では、そのトラブルとは? ・血液中の赤色によるニキビ跡 吹き出物の炎症が毛細血管を壊すと、そこから内出血を起こさせます。 これは血液中に含まれるヘモグロビンによるもので、「赤み」や「紫」の痕跡を残してしまいます。 通常では数か月で、このタイプのは消えるようです。 ・メラニン色素によるニキビ跡 吹き出物の炎症が続くと、皮膚は他の細胞を守ろうとして、メラニンを活性化させます。 このメラニンが結びついて色素沈着を起こしたのが、茶色いニキビ跡のシミです。 シミになった跡を消すのは、ターンオーバーを正常にして、シミを排出させるのですが、あるていどの時間はかかるでしょう。 ・白血球による凸凹ニキビ跡 炎症が深く進むと、身体の防衛機能である白血球が働き始めます。 白血球は、それ以上被害を広げないよう、周囲の細胞を変異させて防御壁を作ります。 これが跡に残ると、いわゆる「クレーター」と呼ばれている物になるのです。 クレーター状の跡は、セルフケアで消すことは困難となり、メイクテクで隠すのがせいぜい。 できれば皮膚科治療をお勧めします。 その他、「しこり」や「ケロイド」になって残る跡もあります。 これらもクレーター同様、自分で消すことは難しいですね。 基本はニキビを作らない、できても悪化させないことが、一番望ましいことですよね。 そうはいっても、できてしまうのが吹き出物。 ましてや、これっぽっちも望んでいないのに、悪化してニキビ跡を残していく憎きやつ! そんなものはせめて早めに消してしまいたいものです。

 

タグ :  

ニキビ跡消す    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: