ニキビ 治し方

正しいニキビの治し方|即効でキレイに!

ニキビ 化粧水

読了までの目安時間:約 4分

 

  

 

詳しくはこちら!
 ↓   ↓   ↓

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!<<


Pocket

ニキビケアで大切なのは、生活習慣の他にスキンケアがあります。 正しい洗顔と、保湿。 そこには化粧水はかかせません。 最近では、化粧水をスキンケアから外す人もいるようですが、にきびケアをするなら化粧水は必須。 とはいえ、どうして化粧水がダメだと言われ始めたのでしょう? スキンケアとニキビ、そして化粧水のことを調べてみました。 【化粧水とニキビの関係】 化粧水を使わないという人の主な理由は、「乾燥を招くから」という発想が多いようです。 つまり、洗顔後の肌に化粧水を載せることで、水分が化粧水と一緒に蒸発してしまう、ということらしいです。 もうひとつは、「刺激になるから」という理由も。 化粧水をコットンや手の平でパッティングするのは、確かに刺激を与えてしまうでしょう。 それでは、化粧水がどうしてスキンケアラインに存在するのか? その理由は大きく2つありました。 1つ目は、洗顔によってアルカリ性に傾いた肌表面を、もとの弱酸性に戻す役割。 2つ目は、水分補給と細胞組織へのダイレクトな働きかけのため。 ニキビケアにとって化粧水が果たす役割は大きく、「給水」「沈静」「回復」など、肌のターンオーバーを助ける基礎になります。 化粧水が、乾燥や刺激の元になると言われているのは、個人の誤った使用法に因るところが大きいのではないでしょうか。 【化粧水の種類と正しい使用方法】 化粧水にも、目的に合わせて種類があります。 ・保湿用化粧水 基本的な化粧水で、含まれている成分により、「エイジングケア用(しっとりタイプ)」「ノーマルスキンタイプ」「オイリースキンタイプ(さっぱり)」などに分かれます。 ・拭き取り化粧水 肌に残った汚れをふき取るための化粧水ですが、日本の軟水洗顔では、果たしてどこまで必要なのか、疑問を感じませんか? 硬水のヨーロッパでは、肌を守るためにお水の代わりに代用する習慣があります。 ピーリング作用のある化粧水も、ここに含まれます。 ・収れん化粧水 肌の引き締めを目的としています。 鎮静効果や引き締め効果のある成分が含まれています。 ・美白化粧水 シミやくすみを予防、または改善することを目的にしています。 保湿成分が少ないものだと、美白化粧水は肌に乾燥を感じることが多いようですね。 ・プレ化粧水 ブースターという呼び名もあるように、化粧水を浸透しやすくするためのものです。 市販のプレ化粧水の代わりに、精製水をブースター代わりにしている人もいるようですね。 さて、これら化粧水ですが、目的に合ったものを選ぶことが大切です。 ここを間違えると、「化粧水を使うと乾燥する」ということになりかねません。 化粧水の使い方は、パッティングではなく、手の平に広げて、それを顔のすみずみに包み込むように、そっと押さえます。 特にニキビがある肌は、化粧水でパッティングしたり、拭き取りの様に擦るのはNG! 正しく使うことで、化粧水の本来の役割がニキビケアを効果的に導いてくれますよ。

 

タグ :  

ニキビ 化粧水    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: