ニキビ 治し方

正しいニキビの治し方|即効でキレイに!

大人ニキビ

読了までの目安時間:約 3分

 

  

 

詳しくはこちら!
 ↓   ↓   ↓

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!<<


いつ頃からでしょう、ニキビが「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」というように、分けて呼ばれ始めたのは。 昔は、ニキビといえばまさに青春のシンボル、10代に向けて使う言葉でした。 では、20代以上にはニキビはできなかったのか?というと、さにあらず。 大人ニキビではなく、「吹き出物」という言い方の違いはあっても、やはりブツブツとできていました。 日本人の美意識が高まり、同じように美容科学の研究も進んで、それを情報として私たちは深く知ることが容易になりました。 すると、ニキビは「青春のシンボル」だなどと言っていられない厄介な肌トラブルであることを、誰もが自覚するようになったのです。 そして「吹き出物」と呼んでいたものも、ニキビの正式名称の尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)であることを知りました。 そして問題はここからです。 10代にできるニキビと、20代を過ぎてもできるニキビでは、病名は同じでも原因が違っているわけですよね。 そこで、便宜上10代を「思春期ニキビ」として、それ以外は「大人ニキビ」と呼ぶようになったのだと思われます。 ニキビであることを、まずは自覚しなくては、改善するモチベーションも上がらないというところでしょうか。 10代の思春期ニキビの原因 ・ホルモンバランスの乱れや、成長ホルモンによるもの ・皮脂の過剰分泌によるもの ・おでこや鼻回りに主に発生している 大人ニキビの原因 ・ホルモンバランスの乱れによるもの ・乾燥による皮脂分泌 ・ストレス ・生活習慣 ・頬や口周り、フェイスラインにできやすい 大人ニキビの原因は、実に様々な要因が重なり合ってできるので、それぞれに応じた対策が必要となってきます。 また、加齢による肌の修復力の低下から、ニキビ跡が長く残ってしまうケースも心配になります。 大人ニキビを、単なる「吹き出物」として片付けてしまうのは、実はとってもキケン! 10代の頃はニキビと無縁だった人も、社会人になってから大人ニキビで悩んでいるという話もよく聞きますよね。 そういう人こそ、最も注意が必要かもしれません。 というのも、ニキビ経験が無いために、正しいニキビケアの知識を持ち合わせていなかったり、どうしていいか分からず、ニキビを放置してしまうことも。 30代でも40代でも油断のならない大人ニキビには、10代の時とは違うアプローチで、自分に合ったニキビケアをしていきましょう。 また、知識と情報を得る努力と、それらを精査する冷静さも、大人としては欲しいところです!

 

タグ :  

大人ニキビ    コメント:0

ニキビ 原因

読了までの目安時間:約 4分

 

  

 

詳しくはこちら!
 ↓   ↓   ↓

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!<<


「睡眠不足でニキビができた」、「日焼けしたらニキビができた」など、ニキビができる原因は様々。 いったいニキビができる原因になる事柄は、どのくらいあるのでしょうか? 一般的に言われている経験談から、都市伝説化している「ニキビの原因」を、片っ端から拾い出してみました! 【どうしたらニキビができた?その原因】 ・失恋したらニキビが増えた。 原因は、ストレス! 自暴自棄になって、それまでやっていたスキンケアに手抜きが出て、さらに暴飲暴食。 悲しくて眠れず、泣いてばかりいたその涙も、なんとニキビの原因だった! ・ニキビ用の洗顔料に変えたらニキビが酷くなった。 原因は乾燥! 大人ニキビなのに、10代が使う思春期ニキビ用の洗顔料でゴシゴシ洗い。 その後の保湿ケアは、サッパリがいいと思って化粧水だけだった。 これでは、ニキビを耕しているようなものですよね。 ・ヘアースタイルを変えたらニキビができた。 原因は、刺激! フェイスラインにかかる毛先が、実はチクチクと肌を刺激していることに気付かない場合も。 あと、ヘアケア成分が顔や首、背中などに付着して、それがニキビの原因となることもあるようですよ。 ・生理前になると出てくるニキビ。 原因は黄体ホルモン! ホルモンバランスの乱れもニキビができる原因ですが、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが優勢になる時も、ニキビができやすくなります。 ・チョコレートを食べ過ぎるとニキビができる。 原因は糖分! 厳密には、チョコレートに含まれる過剰な糖分が、ニキビ増産の原因になっています。 けれど、なぜか長い間、チョコレート=ニキビと言われ続けていますよね。 チョコレートの原料であるカカオの美容効果は、上手に利用したい成分をたくさん含んでいるので、控えるのはもったいない! 原因はチョコレートの中の糖分ですよ。 ・旅行に行ったらニキビができた。 原因は様々! 旅行中は食生活が乱れがち。 さらにお通じのサイクルも、いつもとは違ってきたり、我慢してしまったり・・・ 夜も楽しくて眠るどころではないでしょう。 これらは、ニキビや肌荒れの原因になってしまうのです。 ・風邪をひいたらニキビができた 原因は内臓機能の低下! 風邪を引いて、病院で処方された薬や市販薬などを服用すると、かなり多くの人に、ニキビができるようです。 お薬はどうしても胃に負担を掛ける成分を含んでいるので、特に口周りのニキビの原因になってしまうのでしょう。 これら以外にもニキビができる原因となる行動や、きっかけはたくさんあります。 ニキビはできてから対処するよりも、できる前に予防できればうれしいですよね! そのためには、日常に潜むニキビの元になる原因を、できるだけ排除するよう意識するだけでも、結果は違ってくると思います。

 

タグ :  

ニキビ 原因    コメント:0

ニキビ治療

読了までの目安時間:約 3分

 

  

 

詳しくはこちら!
 ↓   ↓   ↓

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!<<


しつこいニキビ、繰り返して出てくるニキビ、これらを放っておくと厄介なニキビ跡となって、後々後悔することに。 ニキビケアには、生活習慣の改善による内側からのケアと、化粧品や薬品による外側からのケアのバランスが大切です。 こちらでは、外側からアプローチするニキビの治療法を集めてみました。 一般的なニキビの治療法ですが、大きく分けると以下の4つの方法になると思います。・化粧品によるスキンケア ・市販薬によるニキビ治療 ・エステサロンのスキンケアを受けてニキビ改善 ・皮膚科に通院してニキビ治療 それぞれの特徴をあげてみました。 【化粧品の特徴】 化粧品によるニキビケアは、積極的な予防と、時間をかけた改善になります。 注目して欲しいのが、含まれている成分です。 ニキビに有効だとされている成分の一例 ・イソフラボン ・ビタミンC誘導体 ・フラーレン ・イソプロピルメチルフェノール ・グリチルリチン酸 【市販薬の特徴】 ドラッグストアなどで一般的に売られているニキビ治療薬は、誰でも手軽に購入することができます。 こちらは、セルフケアの中では、積極的なニキビ治療となりますが、やはり成分に注意して確認しましょう。 ニキビ治療薬に含まれる成分の一例 ・イオウ(大人ニキビには不向きという意見あり) ・レゾルシン ・サリチル酸 ・イブプロフェンピコノール 【エステサロンの特徴】 エステサロンには、医療提携をしているサロンとそうでないサロンがあります。 医療提携していないからといって、ニキビの改善ができないかというと、そんなことはありません。 違いは、使う化粧品や薬、美容器具の種類です。 エステティシャンの知識や技術は、そのサロンの教育制度によるところが大きいようです。 自分では手に負えないようなニキビ、出来始めたニキビの跡を残さないよう消すには、エステサロンも選択肢のひとつだと思います。 【皮膚科の特徴】 皮膚科でニキビ治療を受ける場合、健康保険の適応と適応外の2つがあります。 保険適応の治療 ・面ぼう圧出法 ・塗り薬 ・飲み薬 保険適応外の治療 ・レーザー治療 ・ケミカルピーリング ・ホルモン治療 など。 保険適応のニキビ治療は、ほとんどの一般皮膚科で対応しています。 一方、保険適応外のニキビ治療は、できるところとできないところがあり、その方法も様々となります。 「美容皮膚科」や「美容クリニック」は、ほとんどが保険適応外のニキビ治療となっているようですね。 ニキビを治そうと考えた時、どの方法で治療をしていくのか、始める前に情報を知っておくことも大切だと思いました。

 

タグ :  

ニキビ治療    コメント:0

1 10 11 12